【祝5周年】ビットバンク 会社名&ドメイン名 秘話

 

 

2019年5月7日、参画先ビットバンクはおかげさまで登記設立5周年を迎えました。

 

多くの皆様からのご指導ご鞭撻、そして数多くのお客様からのご利用によってここまでこれた、と感じます。

昨2018年8月30日で、同じく創業来の取締役であった峰松浩樹ちんと共に退任 https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/news/1140844.html した身ではありますが、設立からの株主のひとりとして感謝申し上げます。 

 

 

**************

 

さてビットバンク株式会社は2014年の春、ビットチェック株式会社という会社名で創業しました。

 

つか、当初はビットコインバンク株式会社という名前でGW前に登記しようとしました。 

 

ところが、それで麻布の法務局に登記に行ったら 

『「コイン」と「バンク」がどちらも 金融機関を連想 する単語。どちらか一つならいいけど、どっちも入っているならば登記の受理はできない』 

といって、断られてしまったのです。

 

は!? 2つだと駄目で、どっちか1つだとOK、って  なんやそれ。意味わかんないんですけど。

ま、しかし駄目なものは駄目&聞く耳なし。それが御上というもの。

 

少なく勘定しても、ざっと200以上の会社の新規登記設立に当事者として関わってきてましたが、法人名が そのような理由でリジェクト食らったのは、後にも先にも一度だけ。

 

銀行でもないのに『なんとか銀行』と名乗ったりは出来ないというのは知ってました。でもまさかバンクがダメとは。

 

え”〜 でももう登記できるもんだと思って、co.jpドメイン名取っちゃってるじゃん。 どうすんだよこれ、みたいなことになるも…後の祭りです。

 

気を取り直し、社内で検討会を行い選んだのが、ビットチェック株式会社です。ドメイン名も汎用jpドメイン bitcheck.jpで取れました。 co.jpドメインは、大原則として一法人一個限定ですからね。もう使っちゃってますからそれ。

 

んな訳で、4月から活動を始めていたけど、登記できたのはGW明けの5月7日になったのです。

 

 

 

で!満を持して9月16日、世に送り出したプロダクトが… 日本初のビットコインオンライン決済プラットフォームである【ビットチェックペイ】だったのです。

■ プレスリリース>> https://www.dreamnews.jp/press/0000099582/ 

 

ところが、このサービスをリリースした直後に、僕が堀江貴文さんとサイバーエージェントが運営してたソーシャルグラフ7gogoに、その告知をしたことで… なんと会社名そのものが英語圏では最もNGワード bitch を含んでいることが判明したのです。

・・ まじすか。そんなあほな。   

 

そのときの僕らの驚愕とドタバタについては、往時の僕がITMediaオルタナティブブログに残しています。

 

* 会社名がNGワードそのものとわかり、気絶悶絶した件。

https://blogs.itmedia.co.jp/ykatou/2014/09/ng-6252.html   

 

 

まずいでしょう。もし7gogoだけでなく、この文字列自体が多くのネット媒体でもNG(非表示などの加工処理)をされるのであれば、それは後々にとんでもない機会損失になる可能性も否定できなかったのです。

 

その対応協議の結果、サービス名のみなならず会社名も含めて全てを変更する、ということになったのでした。速攻で行動を起こし、9月22日に登記変更し、サービス名も会社名もビットバンクに揃えることになりました。

 

 

 

***************

 

その後の4年半… なんやかんや、その数〇倍の七転八倒が日々あり、あっという間に現在に至り、金融機関やってます。

 

で、あれですわ。なに故にビットバンクのコーポレートサイトのドメイン名が bitcoinbank.co.jp なのか、ってそれが理由です。

co.jpドメインは、大原則として一法人一個限定ですからね。もう使っちゃってますからそれ。

 

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)

Sanctuary Asia Holdingsを清算しました。今後もSHIFT調布に参画を続けます。

 

早いもので、多世代共生型のシェアハウスの企画運営を行うサンクチュアリの持ち株会社という建付けにて、加藤もDirectorとして参画する格好で、Sanctuary Asia Holdings Pte Ltdをシンガポールに設立して、3年半の月日が流れました。

往時のブログ→ http://katou.jp/?eid=495  

 

箕面高校の親友の従弟である 社長の松岡伸彦さんと初対面から意義と理念でいきなり意気投合し推進してきた当該事業でありました。甲斐あって…この3年半、多くの人々に喜んでいただいてきました。

 

が一方で、僕自身が不動産を軸としたビジネスにからきし弱いこともあり、さまざまな誤算、失敗も繰り返してきました。

 

昨秋来、松岡さんとも相談し、

設立当初にもくろんでいた東南アジアへの事業展開や多世代共生シェアハウスのマッチングポータルサイトを運営することなどをいったん白紙とし、運営してきたシンガポールの持ち株会社と有限会社サンクチュアリの資本関係を整理し、持ち株会社自体を本年2月末に清算するに至りました。

 

と同時に

不肖加藤はサンクチュアリへの、個人としてのコミットメントも停止することにいたしました。

 

今後は、これまでの3年半の間に作ってきた幾つかのゼロイチのなかでも、最も時間とコストを費やしてきた現段階でのフラッグシップともいえるシェアハウス SHIFT調布 http://sanctuary.style/shift%E8%AA%BF%E5%B8%83/ に対して、加藤家の家業である丸一興産株式会社 http://01kosan.com/company として事業参加するこということで、引き続き松岡さんそしてサンクチュアリの行く末に関わっていけたら、と思っております。

 

みなさま、SHIFT調布をよろしくお願いいたします!。超いいところです。

 

 

1994年に設立されたサンクチュアリは、この4月4日で25周年を迎えます。

四半世紀もの長きにわたり、松岡さんが築いてきた同社がこれからもシェアハウス事業を着々と大きくしていくことを期待しています!。

 

まっつん、がんばれよ。これからも応援してるで。

 

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
<< 2019年07月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner