<< 拙著「なぜ成功する人はアジアしか見ないのか」が全国のローソン限定で販売開始です。 | home | アルビレックス新潟取締役就任、アルビレックス新潟シンガポールとのパートナー契約締結のご報告 >>

2018年、10大トピックまとめ。

あっという間に2018年もあと4日となりましたね。恒例の2018年の10大トピックを記録に残しておこうと思います。2017年のはこちら→  http://katou.jp/?eid=603


1 ビットバンク、業務改善命令からの→役員退任。

昨年の10大トピックを書いていた頃の動転ぶりを思い出しながら、このエントリを書いております。

1月のコインチェック事件、そして退任後のZaif事件と、

やはり2018年もまた『仮想通貨革命』の大渦のただなかで方向舵を右に左に持っていかれながら、激しい遠心力に耐え続け、大いに翻弄された一年となりました。

自らの取締役退任に至った経緯や心持ちについては、退任の日に公開したブログ http://katou.jp/?eid=626 に思いのたけを書いていますので、ご覧ください。 

いま改めてほんとうに良い会社になった、と感じています。

刻が来て、再びまた違う役割で、運営に参画できる日が楽しみです。とにかく、これからまだまだ続くクリプトの世紀、そして今後のビットバンクが楽しみでなりません。


2 参画先KAMARQ(4月)、AGRIBUDDY(10月)、VoiStock(10月)の第三者割当増資の実施。

KAMARQの昨年秋の増資からわずか半年後の大型増資となったケイアイスター不動産様からの増資に関してはほとんど関係しておらずw …あれよあれよ、だったのですが、

10月に行ったAGRIBUDDYそしてVoiStockの第三者割当増資については、両社とも長い期間がかかった増資だっただけに発表の折には感慨深いものがありました。

AGRIBUDDYへの出資と同時に、ブランドアンバサダーにご就任いただいた本田圭佑さんについては、増資発表のギリギリのタイミングでの契約となりました。多くの反響をいただけたことで、改めてサッカーのチカラを思い知ったのです。


3 DOU Creationsの資本と経営に参画

4 レインボースマイルの資本と経営に参画

昨年12月のHAKOVOへの資本参画を最後に、スタートアップの資本と経営への参画は打ち止めとするつもりだったのですが、今年は新たに上記2社の資本と経営に加わる運びとなりました。

DOU Creationsは東南アジアへの進出支援やコンサルティングを行いつつ、スクラッチでの新規事業開始を準備しています。春までには発表=ローンチが出来るかと思います。大きくグロースを仕掛けていきたい所存です。

レインボースマイルは2013年の創業以来、ハワイでのサプライズ演出に特化し、累計500組以上の皆さまに喜んでいただいてきたユニットなんですが、今年はじめて法人成りを果たすタイミングでの参画です。

この会社はどっちかってと、人生をいかに豊かに過ごすか、っていう意味での新境地なんです。今月、10年以上ぶりにオアフ島にいったんですけどほんと好かった。来年行くのが楽しみです。


5 LEONで連載コラムを書いております。

10月より、あの!ちょいワルオヤジのバイブルであるLEON(主婦と生活社)のオンラインメディア『LEON.jp』にて光栄なことにコラム『シンガポールに住む、激動の投資家人生』 https://www.leon.jp/series/series12 を毎週書かせていただく光栄に恵まれました。

いまも!今週も!!書いています。夢のようです。とにかく騙されたと思っていちど御目通しください。いつまで続けられるかなー。来年の夏にはゴマブックスから単行本にしたいと思っています。


6 SMS247、ついにシンガポールのHR業界での評価を得る。

足掛け7年、僕が資本参画して5年…。 いまだに一度として単年度黒字を果たすことが出来ていない、万年低空飛行企業であるSMS247。

なんと今年、シンガポールのHR業界界隈にて、はじめてその業績と機能をご評価を頂けたようで、2つも!シンガポール国内にて表彰していただきました。しかも1等賞と2等賞です。やばい。

あとはちゃんと利益を出してください。経緯など、詳しくはLEONのコラム https://www.leon.jp/lifestyle/9855 にまとめさせてもらいました。


7 加藤がアルビレックス新潟の取締役に就任。LENSMODEはアルビレックス新潟シンガポールのユニフォームスポンサーに。

社長である是永大輔さんの生き方と生き様に共感し、2009年から加藤個人としてサポートを続けてきたアルビレックス新潟シンガポールの2019年ユニフォームスポンサーを、LENSMODEにてお引き受けすることにいたしました。

なんでかって、それはもちろん12月20日の臨時株主総会にて、僕がアルビレックス新潟の取締役に選任いただいたからです!。

そうなったらには、もう、やるしかない…すなわち根性焼きです。用意したスポンサーフィーは、主に是永さんの役員報酬に充ててもらう所存です!。

2019年、LENSMODEはアルビレックス新潟シンガポールそして是永さんが社長を兼任するアルビレックス新潟を応援します。


8 奥村真也さんとの出逢い。

敢えてこうやって独立した項にて御紹介しますが、今年の大きな出逢いは、奥村真也さんでした。

昨年夏から今年5月まで、MBAを取得すべくシンガポールにきていた奥村さんとは、加藤がこの3年間副会長を務めてきたシンガポール和僑会に和僑ユース会員として参加していた御縁から知り合いました。当初は彼の考えていたあまりイケていないスタートアップのアイデアについて、ジョホールバルのサウナであれこれ話し合うところから始まったのですが、その後に…下の一般社団法人ベンチャー型事業承継、そして更に下の、僕が承継した家業の新規事業にてご一緒してもらうことになりました。彼と僕とは16歳も歳の差があるのですけど、それでも彼は35歳なので、もうけっこう中年です。いいアウトプットを世に問うていきたいと思っています。


9 一般社団法人ベンチャー型事業承継の事務局に参画

僕は儲けることがだいすきなんですけど、もうろくしてきたのか…遂にまったく儲からないことに夢中になりだしました。

その奥村真也さんを事務局長に送り込む→僕自身はノーリターンの手弁当を毎月吐き出す覚悟で、、更に長年僕のことを応援し続けてきてくれた野村證券さんを最初から巻き込ませて頂きました。

代表の山野千枝女史は『ガチンコ後継者ゼミ』を通じて、僕を30年ぶりに事業承継啓蒙へ引き戻してくれた人物。あまりに無鉄砲な一般社団法人の『創業』をほっておけず… というやつです。伴走しだしたからには絶対に負けられないので、ちゃんとやり切ります。大きな花を咲かせてみせますので、ご期待くださいませ。


10 加藤自身がベンチャー型事業承継にて…家業の再興を決意し行動開始。

昨2017年4月、不慮の事故により突如この世を去った実弟に替わり、不肖加藤は70年に及ぶ家業の運営法人を承継いたしました。

以来ずーっと家業にとっての近未来の新機軸になることを模索し続けてきましたが、2月の岡山和僑会さんの導きで知り合った安藤和範さんから受けたインスピレーションから、其れを見出すことが出来、以降はこの家業にとっての新規事業の準備を進行してきました。

このブログでも10月に書きました http://katou.jp/?eid=630 が、僕は2020年6月から新しい節目に突入します。迎える2019年はそのための助走と、これまで取り組んできたことの収束と整理に充てたいと考えています。


あと、忘れちゃいけないのが、2025年の大阪万博の決定ですわ。

多少、応援で寄付とかしてましたけど、僕が激しく応援してきたことは選ばれた結果にはほとんど寄与できてはいないと思います。

でも、この先はぜひとも一兵卒として貢献したい、と思っています。

人生に大きく関係してきそうな、大阪万博2025。楽しみでなりません。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:http://katou.jp/trackback/636
<< 2019年09月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner