<< 2012年のPRESIDENTインタビュー記事と、LEON.jpコラム「シンガポールに住む、激動の投資家人生」連載と | home | 52歳です。家業の舵を切りなおす節目とします。 >>

Sanctuary Asia Holdingsを清算しました。今後もSHIFT調布に参画を続けます。

 

早いもので、多世代共生型のシェアハウスの企画運営を行うサンクチュアリの持ち株会社という建付けにて、加藤もDirectorとして参画する格好で、Sanctuary Asia Holdings Pte Ltdをシンガポールに設立して、3年半の月日が流れました。

往時のブログ→ http://katou.jp/?eid=495  

 

箕面高校の親友の従弟である 社長の松岡伸彦さんと初対面から意義と理念でいきなり意気投合し推進してきた当該事業でありました。甲斐あって…この3年半、多くの人々に喜んでいただいてきました。

 

が一方で、僕自身が不動産を軸としたビジネスにからきし弱いこともあり、さまざまな誤算、失敗も繰り返してきました。

 

昨秋来、松岡さんとも相談し、

設立当初にもくろんでいた東南アジアへの事業展開や多世代共生シェアハウスのマッチングポータルサイトを運営することなどをいったん白紙とし、運営してきたシンガポールの持ち株会社と有限会社サンクチュアリの資本関係を整理し、持ち株会社自体を本年2月末に清算するに至りました。

 

と同時に

不肖加藤はサンクチュアリへの、個人としてのコミットメントも停止することにいたしました。

 

今後は、これまでの3年半の間に作ってきた幾つかのゼロイチのなかでも、最も時間とコストを費やしてきた現段階でのフラッグシップともいえるシェアハウス SHIFT調布 http://sanctuary.style/shift%E8%AA%BF%E5%B8%83/ に対して、加藤家の家業である丸一興産株式会社 http://01kosan.com/company として事業参加するこということで、引き続き松岡さんそしてサンクチュアリの行く末に関わっていけたら、と思っております。

 

みなさま、SHIFT調布をよろしくお願いいたします!。超いいところです。

 

 

1994年に設立されたサンクチュアリは、この4月4日で25周年を迎えます。

四半世紀もの長きにわたり、松岡さんが築いてきた同社がこれからもシェアハウス事業を着々と大きくしていくことを期待しています!。

 

まっつん、がんばれよ。これからも応援してるで。

 

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:http://katou.jp/trackback/640
<< 2019年08月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner