デジマ界隈をCNET→Agenda noteにて語る今昔。『昔の名前で出』るのは辛い件…でも身錆(前編)

 

25歳で起業して41歳になる頃まで、僕は日広→NIKKOという広告会社の創業社長だった。

 

総勢200名(最盛期)…広告業界40位切るくらいまで売り上げ伸びてたし、2006年1月の週刊ダイヤモンドでは未上場企業全国成長率ランキングで4番目までいったし、ネット広告会社としてはサイバーさん、セプテーニさん、オプトさんと並んで名前の挙がる会社であった。

 

往時はJAAA(現:日本アドバタイザーズ協会)、JIAA(現:日本インタラクティブ広告協会)でも分科会を担当するなど、業界活動でも論客的な位置でリーダーシップを担わせて貰っていた。

 

2006年末、そんな僕に対して、デジタルマーケティングについての連載コラムの依頼がCNETからあった。オプト海老根智仁さん(社長兼CEO:当時)と2人での毎週リレー連載だという。たいへんそうではあるけれど、意気にも感じ応諾。

 

降りてきたお題は『ネットがもたらす広告業の新潮流』。うってつけやんか、と思いつつ筆をとり始めた。そして07年2月から連載が始まった。

 

広告ビジネスは有史以来の『幸せでフェアな関係』へ 2007/2/07 

「インターネットという隕石」により広告枠支配の旧体制が自由化--Yahoo!の登場 2007/3/12 

3 グーグルが創造した画期的な新広告システムと市場 2007/3/26 

 

 

隔週の相棒:海老ちゃんのコラムもなかなか面白かったこともあり、程なく連載はYahoo!Japanにも転載されるようになり、PVは飛躍的に伸びてった。

広告主からNIKKOへのお問い合わせも週イチくらいであったから、アナウンス効果も大きかったように思う。

 

4 第三の突然変異YouTube--枠にはまらない新アイデア 2007/4/9  

5 クロスメディアとは、マスメディア販売のロジック? 2007/4/23 

6 メディア別の広告費分類を超えて--メディアフラットというスタンス 2007/5/14  

 

 

 

******************

 

この頃の僕は、資金繰りに追われていた。

 

06年1月のライブドアショックに端を発するネットエコノミー全体の縮小は止めどがなかった。上場していたお取引先の株価の下落が続き、四半期単位で15%程度の売上減が一年以上続いていた。一年一度の社員旅行、四半期単位の〆め会も停止せざるを得ない状況に追い込まれていた。

 

再建に集中するため、10月に虎の子とも言える子会社モビィリードを手放していた。連載を始めた頃はなんとか業績回復しなきゃ、と苦しみもがいていたが、、打ち手は次々と裏目に出ていた。

 

ある意味で万策が尽きたのが07年5月上旬。夏の賞与がほとんど出せない。1か月分の給与を出すことで『希望退職』を募り、メンバーを最低でも20人は削減するしかない。

 

当たり前だが、会社にとって宝とも言える人材が数多く離れていったのだが、苦しい思い出過ぎて、あの頃の詳細がほとんど思い出せない。 

 

いっぽうで世の中に対して、大きな懸念があった。

僕にはどうしてもライブドアショックが解せなかったのだ。ネットベンチャーを社会悪のように袋叩きにしているメディアと世間が理不尽で…とてもモヤモヤしていた。このあともっと良くないことが起こる気がしてならなかったのだ。

 

責任をとると決めたのは6月に入って直ぐだった。僕は単独・単資での再建を諦めたことを役員に告げた。

 

大手企業の傘下に入れば、もしこの不安が的中してもなんとかなる。もう二度と希望退職は募りたくない。これ以上、戦力が落ちたら、NIKKOがNIKKOでなくなってしまうだろう。

 

 

(後編に続く)   ※ 写真は2007年、僕と勤続5周年の相川さん。(ほんと苦しかった頃でほとんど写真が残ってない)

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)

プロフィールと写真を更新しました。

 

 

6月からは若者を対象にウミガメ起業家になろう、と煽るのを停止して、かわって己の壮年期スタートに合わせて、アラフィフ〜アラ還〜アラセブのシニア層を対象に健康長寿の象徴としてウミガメになろう!とアピールしていくのに伴って、

SNSとブログ等に掲載しているプロフィール、写真も変更いたしましたので、よかったらご確認ください。

 

■ これまで3年半、twitterに貼っていた写真 http://twitter.com/ykatou

 

 

■ これまで1年半、facebookに貼っていた写真 http://fb.com/katoujp

 

 

■ これまで5年間、このブログのプロフィールページに貼っていた写真

 

 

 

ポートレートは、シンガポール和僑会のイベント部、アルビレックス新潟シンガポール広報写真ご担当でも大活躍されている 永見亜弓さん(JACリクルートメント)に撮っていただきました。ありがとうございます!。喪服以外のスーツは11年間ずーっと… 一度もシンガポールでは着ていなかったので、箪笥から引きずり出して東京から持ち帰りました。

 

 

ちなみに今日から、twitter のプロフィールは

 

ウミガメを志す大阪人事業家。家業を承継し、日本で理美容シザー研ぎと買取&KLでの骨髄間葉系幹細胞の投与を御案内してます。永住権を取得したシンガポールを軸に東南アジア各都市&東阪潟を反復横跳びする日々。コンタクトレンズ越境EC LENSMODE.com/ビットバンク/ひろのぶ党/アルビ新潟&シンガポール

 

となりました。

 

ほかfacebook、facebookページ、このブログ、グーグル、angel port、wantedly、CREWWもプロフィール、写真ともに変更しています。

 

心機一転張り切っていくので、よろしくお願いいたします。

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
<< 2019年06月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner